有効的な治療に関して|せっかくの美味しい食事が台無し|腸閉塞の治療で毎日をハッピーに
ナース

せっかくの美味しい食事が台無し|腸閉塞の治療で毎日をハッピーに

このエントリーをはてなブックマークに追加

有効的な治療に関して

医師

癌は治る時代に入っていますが、分岐点となるのが転移の有無ではないでしょうか。癌の細胞は血液の流れによって、あちこちに飛んでしまいます。もちろん転移があったからといって手術が出来ない訳ではありませんが、やはり死の恐怖に直面してしまいます。早期の発見をすることで身体へのダメージは最小限に抑えることが出来ますし、人間ドックを含めた定期的な検診を欠かさないようにして下さい。転移はどこに症状が現れるのか分かりませんが、やはり最も深刻なのが肝臓や脳だと言われています。食欲不振や意識障害を引き起こす要因になりますので、経過観測を注意深く続けることではないでしょうか。痛みや副作用が強く出ることもあるので、医療現場のスタッフに相談をしてみて下さい。

癌治療の現場は様々な進化を遂げていて、代表的なのが終末期の医療ではないでしょうか。終末期といっても、ただ死を待つだけの医療ではありません。癌の転移と上手に付き合いながら、生活の質の向上を図ろうとする医療です。抗がん剤を適切に使うことで、癌の痛みやダルさを取り除くことが出来ます。骨髄抑制には輸血が有効ですし、口内炎を防ぐ薬を飲むことで食事が摂り易くなります。感染を防ぐためにはうがいや手洗いが必要ですが、近年は白血球を上げる注射も開発されています。適切に使用することで、外出や外泊も可能になります。気分転換をすることで治療の成果も上がりますし、転移があっても社会復帰を果たしている患者さんが大勢います。