定期的な受診を|せっかくの美味しい食事が台無し|腸閉塞の治療で毎日をハッピーに
ナース

せっかくの美味しい食事が台無し|腸閉塞の治療で毎日をハッピーに

このエントリーをはてなブックマークに追加

定期的な受診を

病院

女性に多い乳がん

乳がんとは、乳腺組織にできる悪性腫瘍の事です。乳房にできるという事で乳がんになるのはほとんどが女性ですが、まれに男性にも発症することがあります。特に40代の女性に多いと言われていますが、最近では20代や30代の若い女性や、60歳以上の閉経した女性での発症も増えてきています。自分で乳がんがあるか確認するには、お風呂に入った時などに自分の胸をまんべんなく触ってみてゴリゴリとした動かないしこりがあれば乳がんの疑いがあると言われますが、自分で確認できるような大きさになってしまっているのではすでに進行が進んでしまっている可能性があります。国や自治体は、定期的に病院で乳がん検診を受ける事を推奨しています。自治体によっては、乳がん検診のクーポンを配布しているところもあるようです。

検診の種類と受診の仕方

乳がん検診には、大きくマンモグラフィによる診断と、超音波検査(エコー)による診断があります。マンモグラフィは乳房を機械で挟んで平たくし、X線を当てることで初期の乳がんも発見することができます。超音波検査は乳房に音を当ててその反射からがんを発見するものですが、X線検査が受けられない妊娠中の方や、乳房の圧迫が苦手な方、乳腺組織が発達している若い世代でも検査を受ける事ができるので人気です。乳がん検診を受診した場合は、この二つに加えて視触診を行って総合的に判断するこが一般的で、費用はだいたい5千円前後で受ける事ができます。最近では会社での健康診断や人間ドックにプラスして乳がん検診を受ける事ができる場合が増えており、忙しい会社員の方々に人気です。乳がん検診だけ受けようとするとそれだけで半日もかかってしまう場合があるので健康診断に合わせて受けられると効率的です。