医師

せっかくの美味しい食事が台無し|腸閉塞の治療で毎日をハッピーに

このエントリーをはてなブックマークに追加

定期的な受診を

病院

乳がんは40代の女性に最も多く発症しますが、それ以外の年代の発症も増加傾向にあるため、定期的な乳がん検診の受診が推奨されています。乳がん検診は視触診の他にマンモグラフィ検査とエコー検査があり、妊娠中の方や乳房の圧迫が苦手な方にはエコー検査が人気です。

読んでみよう

更年期障害に悩む人に

病院

エクオールは体内で女性ホルモンと似たような働きをするため、更年期障害の症状を緩和する作用があるとして病院でも治療に使われてます。イソフラボンが作用するには腸内にエクオール産生菌が生息している必要がありますが、日本人の半数は生息していないのでイソフラボンを摂取する前には病院で調べておくことが大切です。

読んでみよう

有効的な治療に関して

医師

かつては、癌の転移があれば諦めるしか方法がありませんでした。しかし、今は様々な治療方法が開発されています。インターネットでも情報がたくさん手に入りますし、そこから正しい情報を選択することが大切ではないでしょうか。

読んでみよう

内科を受診しよう

お腹をおさえる男性

腸閉塞は文字どおり、腸が詰まってしまうことです。飲食したものが腸をスムーズに通っていかなくなってしまうので、お腹が急に痛くなることがあります。また、他にも体の至るところに様々な支障をもたらすことがあります。早急に治療をしなくてはなりません。まず、内科を受診しましょう。いろいろな検査を受けられるからです。全体的な検査を受けるには内科が一番適しています。また、腸閉塞だった場合、外科的手術が必要になることもあります。この点は注意が必要です。手術になる前の状態で進行を止められるようにしましょう。それには、日頃の食事が重要となってきます。よく噛んでゆっくりと食べましょう。早食いは禁物です。もちろん、栄養バランスの良い食事がお勧めです。

腸閉塞にならないようにするためには、定期健診が必要です。定期的に健康診断を受けていれば、状態が悪化していてもすぐに気づくことができるからです。そこから早期発見による早期治療へと繋がっていきます。定期健診といっても、採血などで簡単に見つかるわけではありません。大腸がん健診などのように、専門的な検査を受けましょう。腸の状態を的確に診てもらえるのは内視鏡検査が挙げられます。日頃から腹痛がひどかったり、下痢や便秘が続いたりしている人は腸閉塞の可能性があります。腸閉塞になると栄養も吸収できなくなってしまうので、この点も注意が必要です。早期発見による早期治療となれば、手術をせずに済むこともあります。そのためにも定期健診がお勧めです。